検索
  • Dave Talsma

I'm Sorry


こんにちは〜 仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は: One-point English 今日は色々な謝り方について話したいと思います。皆さんは勿論「I'm sorry.」を知っていますが、その他にいっぱいあります。一番軽い言い方から一番深刻な言い方までの順番に説明したいと思います。 1. My bad : 軽い。若者が言う表現。 2. My mistake : 軽い。誰でも言える表現。 3. Sorry : ごめん。 4. I'm sorry : ごめんなさい。 5. I'm so sorry / I'm terribly sorry : 深刻。申し訳ありませんと同じ場面で使う。 6. Forgive me : かなり深刻。直訳:「許してください」 That's it!

#OnepointEnglish

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

懐かしい

こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は:One-point English 今日は「懐かしい〜」について話したいと思います。辞書で「懐かしい」を調べると「nostalgic」という言葉が出てきます。意味が合っていますが「nostalgic」だけ全然言いません。「懐かしい」って英語で言いたいであればいくつかの表現があります。 1. That remind

The book

久しぶり〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は: Idioms 今日は一つのイディオムについて話したいと思います。 「by the book」 「by the book」は使い方によって意味が微妙に変わります。第1の使い方はやり方に関して使います。「do it by the book」って言うと「マニュアル・レシピ・従来のやり方通りにやる」という意味になります

Crush

こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は: One-point English 皆さんは「crush」と聞くとどういう意味だと思いますか?辞書で調べてみると「潰す」などが出てきますが、一番多い使い方は意味が全然違います。よく名詞として使われています。こういう風に: I have a crush. この文章は「私は好きな人がいる」という意味です。わかりに