検索
  • Dave Talsma

Jinx


こんにちは〜

仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブデイブです。

今日の話題は:One-point English / Culture

今日は英語の「jinx」に関して話したいです。日本語にも「ジンクス」という言葉がありますが使い方や使う場面は違う時あります。英語の「jinx」は動詞として使えます。例えば:

Don't jinx it!

この使い方は日本語の「ジンクス」と結構違うと思います。日本語の方はよくスポーツとかに関して使われているでしょうね。英語の動詞の方は望んでいない結果を何かの行動のせいで起こすことという意味です。例えば、野球を友達と見ています。どうしても楽天が勝ってほしい。その時に友達が「They're definitely gonna win!(絶対勝つぞ!)」と言っちゃったら結果をジンクスしてしまう。アメリカの文化では楽天が勝つと思っても発言してはダメです。言ってしまうと真逆な結果が起こされるとアメリカ人は軽く信じています。これは「jinx」のことです。この使い方では「jinx」はミニ呪いみたいです。

比べましょう:

I hope they win. (勝ってほしい。)O 大丈夫です。ジンクス関係なし

They are going to win. (勝つぞ。)X ダメです。ジンクスです。

例文:

A: I think Hilary Clinton is going to win the election.

B: Shh! Don't jinx it!

C: I'm sure I'll be accepted to Tohoku University.

D: Don't jinx it. Just wait and see.

E: I can't believe The Falcons lost the Super Bowl!

F: Yeah... somebody must have jinxed them.

#OnepointEnglish #Culture

48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

懐かしい

こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は:One-point English 今日は「懐かしい〜」について話したいと思います。辞書で「懐かしい」を調べると「nostalgic」という言葉が出てきます。意味が合っていますが「nostalgic」だけ全然言いません。「懐かしい」って英語で言いたいであればいくつかの表現があります。 1. That remind

The book

久しぶり〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は: Idioms 今日は一つのイディオムについて話したいと思います。 「by the book」 「by the book」は使い方によって意味が微妙に変わります。第1の使い方はやり方に関して使います。「do it by the book」って言うと「マニュアル・レシピ・従来のやり方通りにやる」という意味になります

Crush

こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は: One-point English 皆さんは「crush」と聞くとどういう意味だと思いますか?辞書で調べてみると「潰す」などが出てきますが、一番多い使い方は意味が全然違います。よく名詞として使われています。こういう風に: I have a crush. この文章は「私は好きな人がいる」という意味です。わかりに