検索
  • Dave Talsma

I bet


こんにちは〜 仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は: One-point English 

皆さんは「I bet...」で始まる文章を聞いたことありますか?「I bet...」は「I think..」と同じように使えます。違いはなんでしょうね?比べましょう…

I think he'll be late.

Vs.

I bet he'll be late.

日本語にすると…

彼は遅刻すると思う。

彼はきっと遅刻すると思う。

で、

「I bet...」は「I think..」より自信が入っています。「Bet」は元々「お金をかける」という意味なんです。なので「I bet...」は「お金をかけられるぐらい自信がある」というニュアンスがします。後、「〜に間違いない」に近いです。 

例文:

A: I bet he forgets my birthday. (彼はきっとあたしの誕生日を忘れる。)

B: You really should break up with him. (本当にあいつと別れた方がいいよ。)

C: I bet I could beat you at chess. (チェスだと俺絶対勝つよ。)

D: Don't make me laugh! (笑わせるな!)

That's it!

#OnepointEnglish

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

懐かしい

こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は:One-point English 今日は「懐かしい〜」について話したいと思います。辞書で「懐かしい」を調べると「nostalgic」という言葉が出てきます。意味が合っていますが「nostalgic」だけ全然言いません。「懐かしい」って英語で言いたいであればいくつかの表現があります。 1. That remind

© 2017 by Dave Talsma. | Sendai Japan | dave@dave-eigo.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Instagram Social Icon