検索
  • Dave Talsma

You're welcome


こんにちは〜

仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は:One-point English

アメリカでは誰かに手伝って「Thank you.」と言われたら絶対に「You're welcome.」またはその代わりの表現を使って返事した方がいいですよ。もちろん日本では皆は「どういたしまして」または「いいよ」と言いますが言わなくてもいい場合もあります。皆さんは「You're welcome」の変わりの表現を知っていますか?今日はそれぞれ紹介したいと思います。

1. No problem. 「問題なし」 /「いいよ」 軽くてカジュアルな表現。私はよく使います。

2. Don't mention it. 「述べなくていい」日本語にするとちょっと変な感じがしますが英語では優しくていい表現です。

3. Don't worry about it. 「気にしないで」軽い。友達同士でよく使われています。

4. No worries. 上の3番のもっとカジュアルバージョン。カジュアルの中のカジュアル。

今度、「Thank you.」と言われたらどれかを使ってみてね!

以上!

#OnepointEnglish

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

微妙

懐かしい

こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は:One-point English 今日は「懐かしい〜」について話したいと思います。辞書で「懐かしい」を調べると「nostalgic」という言葉が出てきます。意味が合っていますが「nostalgic」だけ全然言いません。「懐かしい」って英語で言いたいであればいくつかの表現があります。 1. That remind

© 2017 by Dave Talsma. | Sendai Japan | dave@dave-eigo.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Instagram Social Icon