検索
  • Dave Talsma

Welcome to my blog!


こんにちは〜

仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は:One-Point English

What's up?

って聞いたことありますよね。「What's up?」は「How are you?」と同じ意味なんですがニュアンスが違います。正直私も多くのネイティヴの方もあんまり「How are you?」を使いません。丁寧すぎるからです。普段、友達、同僚、家族に会う時に「What's up?」と気軽に言います。「What's up?」のニュアンスは「何していたの?」に近いです。なので「What's up?」の答えとしては「I'm fine」を使っちゃダメです。気をつけてください。もし「What's up?」と聞かれたら、「Nothing much.」という返事は普通です。「Nothing much.」は「特にない」という意味なんです。「Not much.」も「Nothing special.」もOKです。またはその時していたことを教えてもいいです:「I was just checking my email」。最後にアドバイスを伝えたいです。もし「How are you?」でも「What's up?」でも聞かれたら必ず相手にも聞いてください。聞かないと冷たいです。ただ「And you?」または「How about you?」でいいです。

例:

A: Hey, what's up?

B: Nothing much. You?

A: Not much. Just reading the news.

#OnepointEnglish

0回の閲覧

© 2017 by Dave Talsma. | Sendai Japan | dave@dave-eigo.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Instagram Social Icon