検索
  • Dave Talsma

おごる


こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は:One-point English 今日は一つの日本語の言葉について英語の適切な言い方を紹介したいと思います。 「おごる」 英語ではいくつかの表現があります。それに立場(おごる時/おごって貰う時)によって変わる場合もありますので、混乱しやすいかもしれません。下に書いてある言い方は全て平等に使われているので、好きな方を覚えて下さい。 おごって貰う時 「treat」 My friend treated me to lunch. 友達にランチをおごって貰った。 「bought」/「paid」 My boss bought me dinner. 上司は夕食を買ってくれました。 My boss paid for my dinner. 上司は私のご飯の分を払ってくれました。 「take out」 My wife took me out for sushi. 嫁に寿司をおごって貰った。(直訳:寿司の為に連れて行かれた。) おごる時 Let me pay. おごるから。(直訳:払わせて) It’s OK. It’s my treat. 大丈夫だよ。おごる。(直訳:私のおごりだよ) I took my wife out to dinner. 奥さんに晩御飯をおごりました。 普段、おごるというのはアメリカ英語でtreat/ pay/ buy/ take out などと言います。 色々な形で使えるので、試してみて下さい! That’s it! 

#OnepointEnglish

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

微妙

懐かしい

こんにちは〜 仙台のプライベートな英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は:One-point English 今日は「懐かしい〜」について話したいと思います。辞書で「懐かしい」を調べると「nostalgic」という言葉が出てきます。意味が合っていますが「nostalgic」だけ全然言いません。「懐かしい」って英語で言いたいであればいくつかの表現があります。 1. That remind