検索
  • Dave Talsma

Over & Done


こんにちは〜 仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。 今日の話題は: One-point English 今日、混乱になりやすいポイントについて話したいと思います。それは英語で「終わった」と同じ意味の二つの表現のことです。英語では何かが終わった時に必ず「finished」と「ended」と言うわけではありません。逆に普通会話の中に「finished」と「ended」の他の言葉が多く使われています。今日はその他の言葉に関して説明したいです。アメリカ英語では「終わった」と同じ意味で口語的に使われている言葉は:「over」と「done」 この二つが「finished」と「ended」より早く言えるからさらに効率的に喋れる一方で、英語を勉強している人には聞き取りにくい時もあります。「over」と「done」は普通に喋る時に使います。真面目に書く時に使わない方がいいです。使い方は簡単です。形容詞と同じ様に気軽に使って下さい。例えば: The movie finished. The movie ended. The movie is over. The movie is done. 例文: A: Am I late? B: Yeah, the game is already over. C: The steaks are done. Let's eat! D: But this TV show I'm watching isn't over yet... E: But Dad... please let me go out tonight! Please! F: No! This conversation is over! Go to your room! That's it! 

#OnepointEnglish

12回の閲覧

© 2017 by Dave Talsma. | Sendai Japan | dave@dave-eigo.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Instagram Social Icon