August 30, 2017

こんにちは〜
仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は: Proverbs

今日は最近考えていることに関連していることわざについて話したいです。外人の私は日本にいるから今出来るだけ日本の社会に溶け込もうとしたり社会のルールややり方道理で振る舞おうとしたりしています。日本の社会ルールはたまに複雑なので外人には守りにくいです。 たまに守るのは面倒臭いので外人は無視します。私は来日したばかりの時にたまに日本の社会ルールを無視していました。だけど、今は溶け込もうとしていない外人にイライラします。「日本語を勉強しろ!」や「でか...

August 29, 2017

こんにちは〜

仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は:One-point English

今日は「nuts」について話したいと思います。「nuts」はナッツ以外の意味たくさんあるので、今日色々を説明したいと思います。「nuts」は色々なニュアンスがあるので多く使われている意味のランキングを書きたいです:

1: Nuts = ナッツ(食べ物)

2:Nuts = クレイジー (精神的に)

3:Nuts = やばい/すごい

4:Nuts = はまっている

5:Nuts = 金玉(あれ)

若者がカジュアルな会話にはよく言う言葉なので、...

August 28, 2017

こんにちは〜
仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は: One-point English

今日「shut」について話したいと思います。皆さんは多分もう意味が知っていますが、一応…

shut = close = 閉める/閉まる

もちろん人や地域によるけど、「close」の方より「shut」の方をよく使う人が沢山います。意味が全く一緒だけと、「shut」は言いやすくて早く言えるので、「close」より効率的です。皆さん「shut」に慣れだ方がいいと思います。それに喋る時に使ってみて下さい。

例文:

Will you plea...

August 25, 2017

こんにちは〜

仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は:Music

アーティスト:The Stooges

曲名:Search and Destroy

映画:Life Aquatic with Steve Zissou

August 24, 2017

こんにちは〜
仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は: One-point English
 


皆さんは「dude」と聞いたことがありますか?発音は「ドゥード」みたいです。結構カジュアルで若者がよく使う言葉なんです。「dude」は男性に使う呼び方です。女性にも使う人はいますが少ないです。日本語には似ている呼び方がないと思いますが、日本人ではないので間違っているかもしれません。辞書で調べてみると「男」・「やつ」等が出てきます。知らない男性にも親しい男性にも「dude」と呼んで大丈夫ですよ。ただ、「dude」は「あいつ・...

August 23, 2017

こんにちは〜
仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は: One-point English
 


今日もネイティヴな方がよく使う表現について話したいと思います。もし「この間出た映画を見に行く」と英語で言いたかったら何と言いますか?「I'm gonna go see a new movie」は文法的に間違っていませんが、多くのネイティヴスピーカーは「go see」と言いません。「go see」は全然間違いではないですけど、多くの人は「go see」より「check out」を使います。「check out」はただ「見に行...

August 22, 2017

こんにちは〜
仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は: One-point English

今日、「get through」について話したいと思います。皆さんは「get through」と聞いたことがありますか?色々な場面で使える表現なので意外と多く使われています。「get through」は場面によって「やりこなす」/「乗り切る」/「通り抜ける」という意味になります。ネイティヴな方はこういう幅広い使い方のある表現をよく使います。様々な例文をみてみましょう。

I couldn't get through the mo...

August 21, 2017

こんにちは〜
仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は: One-point English

今日、混乱になりやすいポイントについて話したいと思います。それは英語で「終わった」と同じ意味の二つの表現のことです。英語では何かが終わった時に必ず「finished」と「ended」と言うわけではありません。逆に普通会話の中に「finished」と「ended」の他の言葉が多く使われています。今日はその他の言葉に関して説明したいです。アメリカ英語では「終わった」と同じ意味で口語的に使われている言葉は:「over」と「done...

August 20, 2017

こんにちは〜

仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は:Bad English

皆さんは「badass」と聞いたことありますか?今日、「badass」について話したいと思います。まずは「badass」の意味や使い方に関して説明したいです。「badass」に入っている言葉は「bad」と「ass」で、言葉それぞれを見てみると、「悪いけつ」みたいな変な意味になってしまいます。英語では「badass」は非常に強そうでカッコイイ人や行動の意味になります。例えば:「She is a badass.」(彼女はやばい。カッコイイ。)...

August 19, 2017

こんにちは〜

仙台のプライベート英会話講師&翻訳者デイブです。

今日の話題は:Bad English

今日は「bad」よりも「not nice」English です。今日、バカについて話したいと思います。来日してから、何度も生徒さんが英語で「バカ」と言いたい時に「fool」と「foolish」と言ってしまいます。「fool」と「foolish」は意味が合っていますが、意外とアメリカでは言われていません。アメリカでよく聞く「バカ」と同じ意味の英単語はこの二つ:

Stupid 「バカ/くだらない」

Idiot 「バカな人」

「fool」と「fool...

Please reload

Instagram
Spotlight Entries

Air quotes

June 26, 2017

1/10
Please reload

​Recent Entries

April 7, 2020

January 30, 2018

January 26, 2018

January 19, 2018

January 16, 2018

January 15, 2018

January 12, 2018

January 9, 2018